Blogスタッフブログ

レイブランカのスタッフブログ

6月のお着物【単衣】

もうすぐ梅雨、6月です。6月のお着物は単衣(ひとえ)といって、表生地は袷(あわせ)と同じで、胴裏と八掛を除いて仕立てた着物です。
布地の縫い目や、耐久性の為に居敷当てというのを、お尻からつける事もあります。
春から夏、夏から秋へと季節が移る時期に着用し、帯や帯揚げ・帯締め・半衿などの小物類は袷と同じものを使用します。
単衣の留袖、単衣の訪問着、単衣の小紋です。一年のうち、6月と9月がこの形になりますが、最近は暑い時期が長いので、5月末から6月、また9月から10月上旬までお召しになる方もいます。

ルールや決まり事があるからこそ、楽しむお洒落がありますので、気軽にご相談ください。

ちなみに私は紬の単仕立てが一番好きです。

石井 庸子

関連記事

新着記事

登録されている記事はございません。

過去記事

月を選択